一括比較コム
格安航空券 外国為替FX 商品先物取引 引越し 生命保険 自動車保険  
車買取 自動車ローン ビジネスローン リフォーム ピアノ買取 ビジネスマッチング 結婚情報サービス
一括比較へ戻る
HOME  
リフォーム
一度にまとめて見積り可能
お申込みはこちら
リフォームの基礎知識
リフォームの値段
悪徳業者に要注意
助成金が受けられる場合
シックハウス症候群
INFORMATION
会社概要
利用規約
プライバシーポリシー
お問合せ
助成金が受けられる場合
高齢者対策のために住宅リフォームをする場合などに、補助や助成が受けられるケースがあります。自治体によって内容は異なるので、事前に、住宅会社の担当者やお住まいの自治体に問い合わせることをおすすめします。意外な助成金がいろいろとあるので、しっかり調べて上手に活用しましょう。
CASE. 1 介護保険を受けている高齢者に助成金
介護保険被保険者がいる場合、手摺りの設置や段差解消のためのリフォームには、上限20万円の9割(実質上限18万円)までの改修費用が支給されます。利用できる回数は受給者一人につき1回限りが原則ですが、要介護度が3階級以上あがる場合や転居した場合には再給付が受けられます。
CASE. 2 高齢者対策のリフォームに助成金
高齢者対策の場合、居住地域によっては担当の自治体が別枠にて30〜50万円程度の助成金を支給しています。また、トイレの改修に助成金を出したり、優遇貸付制度を設けている自治体もあります。
CASE. 3 耐震化工事で助成金
1981年に施行された「新耐震設計基準」を満たさない住宅やビルには耐震診断を受けることが奨励されており、自治体によっては診断費用を助成しています。また、住宅補強による耐震化工事の助成金支給や、資金の融資を行っている場合もあります。
CASE. 4 防犯対策で助成金
ピッキング、サムターン回しなどの犯罪を防ぐために、防犯性の高い鍵の取付費用を一部負担するなど、防犯対策に助成金を支給する自治体が増えてきています。
CASE. 5 省エネルギー対策で助成金
屋根にパネルを取り付けることでエネルギーを発する太陽光発電には、国や自治体が助成金を出しています。まとまった資金が必要となりますが、一度設置すると長期にわたってメリットが得られます。その他には、ヒートポンプ・蓄熱センターの助成金制度や天然ガスで発電・給湯・暖房のできるシステムの取付費用補助などがあげられます。
CASE. 6 自治体の斡旋による助成制度
自治体経由で住宅金融公庫や指定の金融機関にリフォームローンを申し込むと、規定よりも低い金利で融資を受けられる制度があります。ただし自治体によって助成の有無と度合いは異なりますので、まずは問い合わせてみましょう。
信頼と実績のあるリフォーム会社のお見積もりなら“一括比較コム”で!
リフォーム 大手リフォーム会社の一括見積り
お申込みはこちらから
リンク集