一括比較コム
格安航空券 外国為替FX 商品先物取引 引越し 生命保険 自動車保険  
車買取 自動車ローン ビジネスローン リフォーム ピアノ買取 ビジネスマッチング 結婚情報サービス
一括比較へ戻る
HOME  
ピアノ買取
一度にまとめて見積り可能
お申込みはこちら
ピアノ買取の基礎知識
中古ピアノ Q&A

楽器をリサイクルするには

よくある質問
INFORMATION
会社概要
利用規約
プライバシーポリシー
お問合せ
中古ピアノ Q&A
中古ピアノとその買取について、多く寄せられる質問とその答えを掲載しています。買取に出す場合のご参考にしてください。
そもそも、ピアノの寿命とは?
  寿命の判断基準は条件によって異なります。個々のピアノの設置場所や使用状況によっても差が生じるので断言はできませんが、定期的な調律と簡単な修理で維持できる寿命は30年前後といわれています。それ以降でも、理想的な環境に置いて必要なメンテナンスをし、重要な枠組みの木や鉄骨・響板などを痛めなければ、40年、50年と寿命を延ばすことも不可能ではありません。
長期間弾いていなかったピアノは使えますか?
  1台のピアノに使用されている部品は数千個。製造時点で100分の1ミリ単位での精度が求められ、その他の部分についても極めて精密な調整がなされています。設置環境によっても差がありますが、調律しないまま10年、20年と放置され、劣化が進行してしまったピアノの場合には大掛かりな修理と費用が必要になります。例えば、220本ある弦が切れた場合、修理にかかる費用は1本につき6000円〜10000円程度。致命的な故障がなく、修理の出費をいとわなければある程度までは回復しますが、手間と時間はかかると考えたほうがよいでしょう。
ピアノを高く買取ってもらうための方法は?
  同じ型番の中古ピアノでも、買取金額は企業によって異なる場合も。また、メーカーや製造年代、売り手の居住地域などによって買取先が限定されるケースもありますので、できるだけ多くの買取企業に見積もりを依頼してみるのがコツといえるでしょう。ネット上から、複数のピアノ買取企業に一括して見積もり依頼をする方法は特におすすめ。“一括比較コム”の提供するサービスは、1社1社に何度も連絡する手間と時間を省き、最も有利な企業との契約を実現させます。
最初の見積価格より、実際の買取価格が下がってしまうことはありますか?
  中古ピアノの買取企業が提示する最初の見積もりは概算金額であり、必ずしもその金額での買取りを確約するものではありません。そういった意味では、現物を見るまでは最終的な金額は決定しないといえるでしょう。基本的に、多少のキズ程度では大きな変更はないのですが、大きな痛みや音が出ないなどのダメージがある場合には金額変更が生じるケースも。“一括比較コム”の見積もりを利用した場合、結果的には契約をしなくても手数料はかかりませんので、まずは見積もりを取り、売買を検討してみるのもよいでしょう。
買い取られたピアノはどうなるのですか?
  買取られた中古ピアノは、個々の状態に応じたメンテナンスと修理を施された後に再販されます。国内だけではなく、米、英、仏、アジア諸国へ届けられることも。熟練した職人の手でリニューアルされた中古ピアノは、新しいオーナーのもとで再び大切に使われます。
家庭教師をお探しのご家庭へ
ピアノ買取 中古ピアノの一括見積り&高額査定
お申込みはこちらから
リンク集