一括比較コム
格安航空券 外国為替FX 商品先物取引 引越し 生命保険 自動車保険  
車買取 自動車ローン ビジネスローン リフォーム ピアノ買取 ビジネスマッチング 結婚情報サービス
一括比較へ戻る
HOME  
生命保険
まとめての資料請求が可能です
生命保険の基礎知識
生命保険の種類
生命保険 Q&A
知っておきたい関連知識
生命保険 用語集
INFORMATION
会社概要
利用規約
プライバシーポリシー
お問合せ
生命保険の基礎知識
現在、日本のほとんどの家庭が加入しているといわれる「生命保険」。各社のプランを比較検討する際に、「これだけは知っておきたい」役立つ基礎知識をまとめました。
生命保険とは?
生命保険とは、万が一の事故や病気、死亡などのリスクに直面したときの経済的損失に備える保険です。同じリスクを抱える大勢の人が保険料を負担しあうという「相互扶助」の仕組みから成り立っており、予測不可能な事態が起こったときに、約束された保障額を受け取ることができます。
「主契約」と「特約」について
生命保険には複数の保障が備わっています。
その中で基本となる保障のことを「主契約」といい、そこにオプションとしての「特約」を付加することで、保障内容を充実させています。ただし「特約」とは、あくまでも「主契約」に追加していくものなので、特約のみでの契約はできません。
生命保険は、この「主契約」と「特約」から成り立っていることを、まず理解しましょう。
主契約の種類
主契約は、保障する内容や期間によって様々なものがありますが、大別すると、以下の4つが基本形となっています。
○終身保険
・契約した死亡保障額が一生涯続く保険
・支払い方法に終身払いと短期払いがある
定期保険
・一定期間(例えば5年、10年など)を定め、その期間に死亡した場合、保険金が支払われる
・「掛け捨て」タイプで保険料が安い
養老保険
・定期保険同様、保障期間が限られているが貯蓄性を兼ね備えている
・満期に生存していた場合には満期保険金が受け取れる
個人年金保険
・老後の備えとして満期を高齢時に設定し長期間貯蓄する
・満期がきたら、国の年金のように規定の期日に保険会社から少しずつ保険金を受け取れる
特約の種類
各保険会社によって取り扱う特約は異なります。大別して、不慮の事故による死亡に備える「死亡特約」と、病気や入院、手術などに備える「医療特約」があり、契約することで保証金が加算されます。
○死亡特約
災害割増特約、傷害特約、リビングニーズ特約など
○医療特約
災害入院特約、手術特約、成人病特約、長期入院特約、女性疾病特約など
知っておきたい生命保険の基礎用語
保険契約者 保険会社と契約を結んでいる人。保険料の支払い義務と、契約内容変更などの請求権を持つ。
保険料 保険契約者が保険会社に支払うお金。
被保険者 死亡、ケガ、病気などが保険の対象となる人。
受取人 保険料、給付金を受け取る権利を持つ人。
保険金 保険会社から補償金として受取人に支払われるお金。被保険者が死亡したときに支払われるお金は死亡保険金といい、通常、死亡保険金が支払われた時点で保険契約は消滅する。
給付金 被保険者が入院・または手術を受けたときなどに保険会社から受取人に支払われるお金。
最大12社、選べる30商品から、各社の資料が請求できる!
生命保険 あなたにぴったりの保険が無料で選べる
リンク集