一括比較コム
格安航空券 外国為替FX 商品先物取引 引越し 生命保険 自動車保険  
車買取 自動車ローン ビジネスローン リフォーム ピアノ買取 ビジネスマッチング 結婚情報サービス
一括比較へ戻る
HOME  
商品先物取引
まとめて資料請求できます
無料一括資料請求
※現在休止中です
商品先物取引とは
商品先物取引のしくみ
取引までの流れ
よくある質問
商品先物取引 用語集
INFORMATION
会社概要
利用規約
プライバシーポリシー
お問合せ
商品先物取引とは
商品先物取引とは、読んでそのまま「先(将来)の物(商品)を取引する」こと。現在と未来の相場を見極めて、うまく儲けを出すためには、正しい知識が必要です。
商品の値動きで儲ける
商品先物取引で取引される商品は、穀物から野菜、生糸、金、銀、石油など様々。これらはすべて天候や為替変動、供給過多・不足などによって価格が変動します。投資家は、この価格変動を利用し、一度売買した商品を何ヵ月後かに転売・買戻しすることで現金化し、その差額で損益を出します。
シミュレーションしてみよう!
例えば、【米が豊作 → 米の値段が下落】したとします。
投資家は、今後の米の値段を予測して、商品先物取引で未来の米を買うまたは売ることができます。
今回はこのケースを元に、未来予測してみましょう。
商品を買う(買い建玉)
利益 安く買って、高く売れた!
【米が豊作 → 米の値段が下落 → その後 悪天候続きで米不足 → 米の値段が急騰】
満了の期日(限月)までに、米の値段が急騰したら、転売して差額分を利益とすることができます。
損失 高く買って、安く売ることに・・・・・・
【米が豊作 → 米の値段が下落 → その後 米の豊作が続く → 米の値段がさらに下落】
逆に、米の豊作が続いて値段が下がり続けたら、転売して差額分の損益を支払う必要があります。
商品を売る(売り建玉)
利益 安く買って、高く売れた!
【米が豊作 → 米の値段が下落 → その後 米の豊作が続く → 米の値段がさらに下落】
満了の期日(限月)までに、米の値段がさらに下落したら、買戻して差額分を利益とすることができます。
損失 高く買って、安く売ることに・・・・・・
【米が豊作 → 米の値段が下落 → その後 悪天候続きで米不足 → 米の値段が急騰】
満了の期日(限月)までに、米の値段が急騰したら、買戻して差額分の損失を支払う必要があります。
商品を買うなら「安く買って、高く売る」、売るなら「高く売って、安く買う」ことが鉄則。ハイリスク・ハイリターンな商品なので、利益を得る時は大きいですが、その分損失も大きくなるので、損失し始めたら早めに転売・買戻しをして決済することが大事です。
気になる参加会社にまとめて資料請求!
商品先物取引 複数の先物取引サービスに一括資料請求
無料一括資料請求
※現在休止中です
リンク集