一括比較コム
格安航空券 外国為替FX 商品先物取引 引越し 生命保険 自動車保険  
車買取 自動車ローン ビジネスローン リフォーム ピアノ買取 ビジネスマッチング 結婚情報サービス
一括比較へ戻る
HOME  
商品先物取引
まとめて資料請求できます
無料一括資料請求
※現在休止中です
商品先物取引とは
商品先物取引のしくみ
取引までの流れ
よくある質問
商品先物取引 用語集
INFORMATION
会社概要
利用規約
プライバシーポリシー
お問合せ
よくある質問
商品先物取引を行う上で、よく発生する問題、疑問点をとりあげました。わからないことがあれば、あいまいなままにせず、きちんと理解をしてから取引を開始するようにしましょう。
どのくらいの資金で、取り引きを始めることができますか?
  商品先物取引は、手持ち資金の何倍もの金額を取り引きできます。売買するにあたっての最低単位は1枚。その倍率は、20倍〜10000倍と、商品によって異なっています。なお、取引を始めるための口座開設にあたっては、一定の初回入金額が必要となるところもあります。
商品先物取引に、クーリングオフ制度は適用されるのでしょうか?
  商行為とみなされる商品先物取引に、クーリングオフ制度は適用されません。取り引き内容をきちんと確認、理解の上、契約を行うようにしましょう。
商品先物取引を始めるのに、条件などはあるのでしょうか?
  商品先物取引会社によって違いますが、年齢や、取引経験、安定した収入などが審査条件となる場合があります。そのほか、一定の初回入金額が必要なところもあります。詳しくは各商品先物取引会社のサイトをご覧ください。
価格変動の要因について教えてください。
  色々な原因があるので一概には言えませんが、基本的には、需要と供給のバランスから、価格が決まっています。そのバランスに変化を与えるものとして、たとえば農作物であれば、気象条件が大きな影響を及ぼしますし、扱われる商品のほとんどが輸入品なので、為替による影響(円高であれば価格が下落、円安であれば価格が上昇)も出てきます。
買える(売れる)枚数には制限があるのですか?
  商品ごとに、建玉として買える(売れる)枚数は制限されています(建玉制限)。まず、商品先物取引所自体が建玉制限を行っています。これを超える取引は基本的にできません。それに加え、商品先物取引会社ごとにも、独自の制限を設けている場合があります。期近に近づくほど、制限は厳しくなります。
気になる参加会社にまとめて資料請求!
商品先物取引 複数の先物取引サービスに一括資料請求
無料一括資料請求
※現在休止中です
リンク集