一括比較コム
格安航空券 外国為替FX 商品先物取引 引越し 生命保険 自動車保険  
車買取 自動車ローン ビジネスローン リフォーム ピアノ買取 ビジネスマッチング 結婚情報サービス
一括比較へ戻る
HOME  
ビジネスローン
一度に複数の申込を取り次ぎます
お申込みはこちら
ビジネスローン基礎知識
返済方法の種類
融資を受けるには
よくある質問
ビジネスローン 用語集
INFORMATION
会社概要
利用規約
プライバシーポリシー
お問合せ
融資を受けるには
担保や保証人のない個人事業者へ融資を可能にするビジネスローン。それだけに、融資に必要な条件を知っておきたいもの。どのような注意点があるのかあらかじめ確認し、万全な資金計画を立てましょう。
ビジネスローンの融資審査
他のローンと同様、ビジネスローンにももちろん審査はあります。各社によって審査基準は異なりますが、特に重要とされる項目を見ていきましょう。
  • 経営状態…当然、黒字経営のほうが有利です。赤字だった場合には、過去の業績と、今後回復が見込めるかどうかがポイントになります。
  • 経営体制…税金滞納、不正などの前科がなく、経営体制が整備されていることが融資の条件です。
  • 負債の状況…負債金額と欠損金の有無がチェックされます。大きな負債があれば、融資不可となるケースも。
  • 収支のバランス…会社の規模と利益のバランスが取れており、経営自体が安定しているかどうかが問われます。
これから起業する場合
これから起業するので、過去の経営実績がないという人は、起業前の融資を受け付けている金融機関に事業計画書などを提出し、現実的な運営計画に基づいた運用資金として認められれば融資が受けられます。その場合でも、過去の実績や現在の債務状況は問われますので、ローンなどの負債があればできるだけ減らしておきましょう。
代表者の個人保証
ビジネスローンは、原則的に第三者の保証人と物的担保は不要ですが、代表者本人が人的担保としての保証人となります。したがって、何らかの理由で会社を引退した場合でも、債務を会社の資金で支払うことはできず、借主としての返済義務はあくまでも本人が負うこととなります。
必要書類
ビジネスローンの申し込みにあたっては、以下の書類が必要となります。
  • 運転免許書、パスポートなどの本人確認書類
  • 決算書または青色申告書
  • 事業主の場合には営業許可証など
  • 起業予定の場合には事業計画書など
金融機関によって異なる場合がありますので、事前に調べて早めに準備しておきましょう。
金利を下げるには
もしも、物的担保として差し出せる財産がある場合には、無担保ローンよりも低い金利で、さらに大きい金額を借入れることが可能です。担保にできる財産には、次のようなものがあげられます。
  • 不動産、株券、商業手形(取引先から受け取った手形)、売掛債権(入金予定の売上金)など
また、ビジネスローンの金利は通常よりも高く、返済が長期にわたるほど返済額も上がってしまいます。繰上げ返済や増額返済を行って、早めに完済するのが返済額を下げるポイントです。 
頼れるビジネスローンのお申込みは、一括申込みでこんなに便利!
ビジネスローン 一度に複数の申込みを取り次ぎます
お申込みはこちらから
リンク集