一括比較コム
格安航空券 外国為替FX 商品先物取引 引越し 生命保険 自動車保険  
車買取 自動車ローン ビジネスローン リフォーム ピアノ買取 ビジネスマッチング 結婚情報サービス
一括比較へ戻る
HOME  
自動車ローン
一度に複数社の比較が可能
徹底比較はこちら
自動車ローンの基礎知識
クレジットと比較
金利の種類と選び方
自動車ローン Q&A
自動車ローン 用語集
INFORMATION
会社概要
利用規約
プライバシーポリシー
お問合せ
自動車ローン Q&A
自動車ローンについてよく寄せられる質問と、その答えを掲載しています。
ご参考としてお役立てください。
申込み時に必要なものは?
  自動車ローンを申込む際、一般的に必要とされている書類は以下のとおりです。
・運転免許証、もしくは健康保険証などの本人確認書類
・源泉徴収票(年収を証明する書類)
・住民票
・利用する銀行口座の預金通帳および届出印
ローンを借入れる際に必要とされる条件は?
  ローンを借入れる際に必要とされている条件は、各金融会社の審査基準によってさまざまに異なります。一般的な条件を以下に記しますが、最終的には申し込む金融機関の審査基準によりますので、ひとつの目安としてご覧ください。

・契約時年齢・・・20歳以上であること
・収入・・・安定継続した収入と、一定の基準を満たす年収があること
・借入総額と返済率・・・他の無担保借入との合計金額が年収の50%以内、年間返済額の合計が年収の40%以内であること

※この他に、勤続年数や、ローン完済時の年齢に条件を設けている場合もあります
車体購入以外の目的でも、自動車ローンを組めますか?
  車検費用やカー用品、またはバイクの購入費用を借りたい場合でも、利用できる自動車ローンがあります。目的が明確な自動車ローンは、用途が自由なフリーローンよりも低金利で利用できるため、ニーズに合ったローンを探し、申し込むことをおすすめします。ただしその場合、現在返済している他のローンとの兼ね合いを考慮する必要があり、また、契約の可否は、申し込み先の金融機関が設けている融資条件(審査基準)によります。
今の車にローンが残っている状態で、セカンドカー購入のローンを申し込めますか?
  借入れを希望している金融機関の審査基準に当てはまれば、セカンドカーの購入でもローンを組むことが可能です。ただしその基準は公表されておりませんので、まずは申込み、実際に審査を受けてみることが近道です。その結果、他のローンを抱えている状況であっても、返済能力があると判断された場合には利用することができます。ただし、ここで注意しておきたいのは、セカンドカーにかかるランニングコストと維持費。自動車保険や車検費用、駐車場料金など、単純に計算すると2倍の費用がかかることになります。経済的に余裕があるかどうか、十分に考慮したうえで申込みましょう。
自動車ローンの一括申込み
自動車ローン 申込み
自動車ローン 一度に複数社の比較が可能
徹底比較はこちら
リンク集