一括比較コム
格安航空券 外国為替FX 商品先物取引 引越し 生命保険 自動車保険  
車買取 自動車ローン ビジネスローン リフォーム ピアノ買取 ビジネスマッチング 結婚情報サービス
一括比較へ戻る
HOME  
自動車ローン
一度に複数社の比較が可能
徹底比較はこちら
自動車ローンの基礎知識
クレジットと比較
金利の種類と選び方
自動車ローン Q&A
自動車ローン 用語集
INFORMATION
会社概要
利用規約
プライバシーポリシー
お問合せ
自動車ローンの基礎知識
新車・中古車購入だけでなく、車検や修理費用、個人売買まで幅広く取り扱う「自動車ローン」。
申込みにあたって、知っておきたい基礎知識をまとめました。
ローンとは?
ローン(loan)とは、金融機関などが行う「資金の貸付け」を意味します。つまり、私たち利用者にとっては「お金を借りる」こと。なにかを購入するときに、手持ちの現金や貯蓄では一度に支払えない場合、まとまった資金を借りて分割返済することになるので、住宅や自動車など金額の大きなものを購入する際の生活設計に役立てることができます。
自動車ローンの選び方
自動車ローンはどこで借りても同じ。そう考える人もいますが、現在では取り扱う金融機関も大幅に増え、商品は多様化しています。自動車購入のためだけでなく、車検や修理、自動車学校費用、個人売買などの目的に対応するローンもあるので、ニーズにあったローンを探してみましょう。目的が定められた自動車ローンは融資額も大きく、用途を限定しないフリーローンよりも低金利で利用できるといったメリットがあります。ただし、金融機関によって適用金利は異なるので各社の商品を十分に比較し、金利の種類や他の借入条件もチェックして、より有利なローンを選択しましょう。
申し込み時の注意点をチェック
審査基準にあてはまっているか
資金を貸付ける各金融機関には、それぞれに異なる融資の条件が設けられています。この条件のことを「審査基準」といい、ローン契約は、審査基準を満たしていることが前提となります。基本的には金利が低いほど、また融資金額が大きいほど審査基準は厳しくなってきます。まずは、借入を希望するローンの審査基準に当てはまるかどうかの確認が必要になります。
無理なく返済できるプランを
ローンは、「借りること」以上に、「確実に返済すること」が大事。借入金額が決まったら、契約する前に毎回の返済額と総返済額を算出し、返済期間も考慮して、無理なく返済できるかどうか確認しましょう。おおよその目安として、ひと月に返済可能な金額の上限は、月収の20%〜25%程度といわれています。ご自分の収入にあわせ、ゆとりをもって返済できるプランを立てましょう。
別のローンを組んでいる人は要注意
自動車ローンの申し込みを検討する際に、すでに他のローンを組んでいる人は、返済能力の面で問題が生じるかもしれません。金融機関によって審査基準は異なりますが、一般的に、無担保ローンの場合には、現在の借入金額と新たな借入金額を足した総額が税込み年収の50%以内かつ総年間返済額が年収の40%以内であることが目安となります。返済可能額を超えていないかどうか、現在のローン残高を洗い出してみましょう。
自動車ローンの一括申込み
自動車ローン 申込み
自動車ローン 一度に複数社の比較が可能
徹底比較はこちら
リンク集