一括比較コム
格安航空券 外国為替FX 商品先物取引 引越し 生命保険 自動車保険  
車買取 自動車ローン ビジネスローン リフォーム ピアノ買取 ビジネスマッチング 結婚情報サービス
一括比較へ戻る
HOME  
自動車保険
初めてのご利用される方
情報を保存されている方
スタート
自動車保険の基礎知識
自動車保険の種類
保険料を安くするには?
事故時に役立つサービス
自動車保険 用語集
INFORMATION
会社概要
利用規約
プライバシーポリシー
お問合せ
自動車保険の基礎知識
1998年の完全自由化によって商品が多様化し、サービス競争が激化している自動車保険。情報の多さに惑わされてしまいがちですが、自分に最適な自動車保険を選択するために、押さえておきたい基礎知識を解説します。
自動車保険とは?
自動車を運転すれば、どんなに安全運転を心がけていても事故に遭遇してしまうことがあります。たとえば、車が故障してしまったり、相手にケガを負わせてしまったり、万が一には死亡させてしまうことも。そんなリスクに備え、修理費や治療費、補償金などの金銭的損害を補う目的で加入するのが自動車保険です。
「自賠責保険」と「任意保険」
自動車保険には、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」と、任意で加入する「任意保険」の2種類があります。
自賠責保険とは
自賠責保険(通称・強制保険)とは、自動車の所有者全員に加入が義務付けられている保険であり、加入していなければナンバーを登録すること、車検を受けることができません。また、未加入のままで車を運転すれば道路交通法に違反し、罰則の対象となります。基本的に、被害者保護の観点から作られた保険であるため、対象は「他人」に与えた損害に限られており、車やモノ、自分自身の体に対する損害を補償することは一切できません。被害者に対し補償される金額は死亡事故の場合3000万円、重度後遺障害の場合4000万円、ケガの場合は120万円が上限とされ、自賠責保険だけでは補いきれないケースが多々あります。
任意保険とは
任意保険とは、自動車の所有者が任意で加入できる保険です。加入が義務付けられている自賠責保険ではカバーできない対象を保障し、保険金の不足分を補うもので、万が一のときに力を発揮。ドライバーは、任意保険への加入によって被害者への補償を厚くし、車などの対象物や自分自身も保障を受けることができます。“一括比較コム”の「自動車保険」は、ドライバーの必需品である任意保険を徹底比較できる一括見積りサービスです。
自動車保険の基礎用語をチェック
難解なイメージのある自動車保険の仕組みですが、内容理解のために、これだけは知っておきたい基礎用語をチェックしました。
契約者 保険会社と契約をして、保険料の支払いの義務を負う人。通常は車の所有者。
契約車両 保険契約の対象となる車両。
被保険者 保険の補償を受ける人。特に指定をしない場合は、契約者が被保険者となる。
保険料 保険契約者が、契約に基づき保険会社に支払うお金。
保険金 事故により損害が発生した際に、保険会社が被保険者へ支払うお金。
保険金額 保険会社が支払う保険金の最高限度額を示すもの。
免責 被保険者が故意に事故を起こした場合や特定の原因(天災など)による事故の場合、例外として、保険会社から保険金が支払われないこと。
免責金額 事故が起こった場合、被保険者が自己負担する金額のこと。免責金額を差引いた金額が保険会社から支払われる。
担保 「保険金を支払う」こと。
(例:全年齢担保=すべての年齢の運転者が保険の対象)
不担保 「保険金を支払わない」こと。
(例:30歳未満不担保=30歳未満のドライバーの事故は保険の対象外)
無料でラクラク、最大16社!納得の自動車保険選びは“一括比較コム”で!
自動車保険 無料見積で自分に最適な保険を選ぼう!
初めてのご利用される方
スタート
情報を保存されている方
リンク集